グルメ

街中から移転した蒼屋はカツ丼ランチだけじゃなくディナーも最高だよという話

2021年7月31日

▼そして、子供用のプレート。娘(3y)が好きなもんが詰まったプレートです。エビは親がおいしくいただきました。ベビーキャロットも喜んでました。

娘よ、にんじんかわいーってお前のがかわいいんやで

▼第1の皿:タイの昆布締めと夏野菜のソース。昆布締めで水分が調整されたタイがプリっコリッでおいしい。ナスもおいしかったなぁ。

▼夏野菜のカラフルさと紫蘇の花のはかなげな感じがなんとも素敵な組み合わせ。

このシソの花の紫ってなんとなく雪代巴を想起させるんだよなぁ。←最近るろ剣の映画を見た

▼第2の皿:金目鯛とホタテを白ワインで蒸し

▼優しく蒸しましたということもあって、ミキュイっぽくなっている。この花もかわいい。ホタテをおいしいと思ったのは、築地の寿司大和とここだけよ♡

▼第3の皿:エビクリームパスタ。エビのうまみが濃厚にとろけている。食べ終わって、バケットありますかと聞いてしまいました。ソースまでむしゃぶりつきたい。

▼第4の皿:アマダイの松笠あげと青さのソース

うろこがついたまま揚げた様が、松笠(松ぼっくり)に似ているからその名がついたようですね。

皮目はカリッパリッとしていて、身はフワフワほろほろです。

そして、うまみで白濁したソースとあおさがあう。うますぎる。

白身魚好きの娘に与えたところ、半分くらい食べられました。

金沢でのどぐろを少し上げようとしたらほぼほぼ食べられて、骨をしゃぶりながら日本酒を飲んだのもいいおもひで。

▼第5の皿:牛フィレの赤ワインソース。薄切りの芋はシャドークイーンという品種です。

シャドークイーンってなんだかキラークイーンみたいですな。

▼見よっ! そして柔らかさよ。

アンガス牛を厚めでもしゅもしゅ食べるのが好きですが、こいつぁ別次元です。

▼第6の皿:ミニカツ丼とミニ蕎麦

ある意味強敵です。

ここまでで結構おなかが満たされていましたが、カツを見た瞬間まだいけると思えるのが不思議。

▼細めの蕎麦ですが、かえしにつけられた状態でも負けないコシ。つるしこですよ。

▼おろしぽん酢もおいしかったです。次回はぽん酢でカツ丼あいもりたべよう!

そして最後にケーキを出していただいてフィニッシュです。

最高の記念日でした。

蒼屋はこんな人におすすめ

倉賀野駅周辺でカツ丼、蕎麦が食べたればここ一択!

サプライズディナーも倉賀野駅No1だよ。

蒼屋のクーポン

残ながら見つかりませんでした。

 

-グルメ
-,

© 2021 ぶらり群馬 Powered by AFFINGER5