グルメ

絶メシリスト No.53 高崎 SR-50にいったら、サラダ・パン食べ放題でコスパよすぎ。風船ハンバーグが映える。

絶メシリストとは

2017年から高崎市のシティプロモーションとして始まったプロジェクト。

後継者がおらず、このままでは当代で「滅」してしまう「メシ屋」の「リスト」です。

昔ながらの飯屋がなくなっていくのは悲しいでしょうね。

特に学生時代通ったような飯屋とか……

絶メシリストNo.53 SR-50へいってきた

地元でいつも目にしていたけど行ったことのないSR-50へ行ってきました。

クセ強めのレストラン SR-50

▼この店が傾いたように見える特徴的な外観がずっと気になっていました

▼店の上の看板も特徴的。なんだかアメリカンな建物のつくりですな

▼奥に駐車場があります。

絶メシリストNo.53 SR-50の店内の様子とパン・サラダバー

▼いざ絶メシへ

▼ドリンクバー。こういうのでいいんだよ。ドリンクバーのサーバーなんていらないんだよ。

▼ガーリックバターパンとシンプル食パン。自家製ってのがすごいよね

▼サラダバーとパンバイキングこれも自家製。

▼パスタ、キャベツサラダ、もやしと必要かつ最小限なメンツ

▼チーズパンとバターロールがおいしかった。

▼食べ放題でありがちな取り過ぎもそうだけど、持ち帰りなんてもってのほかですな

絶メシリストNo.53 SR-50のメニュー

▼NEW YORK CENTRAL'S BILL OF FARE FOR SR-50

▼風船ハンバーグ。

▼熟成肉ステーキ! いいな、食べたい。1y10mの娘もいたので断念。200円で100g増量とか良心的すぎるだろ!

▼自家製ミートソースのお急ぎのかたどうぞっていうのが、長年続けた中で培われたものだよね。ビジネスマン向け。

▼こういうのもいいよね。

▼シチューもめっちゃ煮込まれてておいしそう

ということでいろいろ迷いましたが、ボンゴレとチーズハンバーグを注文。

そしてパンバイキングへ!

がっついて食べ過ぎちゃうと肝心なものがたべられなくなっちゃうからね。

▼まずはガーリックバターパンと食パン。娘の指が食パンに伸びる……

▼なんだか味があっていいな。昔ながらの洋食屋さん

絶メシリストNo.53 SR-50で風船ハンバーグがきた

▼ボンゴレ。あさりがたくさん、スープも白濁してておいしかった。娘もおいしそうに食べてたが、とうがらしも入ってたみたいでちょっと辛さにやられてた。ごめんねちゃんと取り分けなくて。

▼そしてこれがSR-50の風船ハンバーグ。パンパンです。

そして、おたおたしてると開け方をおしえてもらいました。

まずナイフで真ん中に穴をあけ、手前に切れ目を入れる。

その切れ目をナイフとフォークで左右に開くと御開帳です。

さてやってみましょう。

▼真ん中に切れ目をいれて――

▼ナイフを手前に引いて切れ目を入れます。おいしそうな香りが広がリング

▼左右にあけてあらおいしそう。

▼見てこれチーズがとろっとろ。

パスタもハンバーグもおいしかった。

ハンバーグなんてふわふわで、いいかんじ。

肉肉しいのもいいけど、こういうのもうまいよね。

そしてパンバイキングが最高。

相当うまかったのか娘がバクバクくってた。

まあ、案の定、料理がつく頃にはちょっとお腹いっぱいになってたというね。

次回は熟成肉たべたいな。

レストランSR50ハンバーグ / 倉賀野駅

昼総合点★★★★ 4.0

-グルメ
-, ,

© 2020 ぶらり群馬ブログ Powered by AFFINGER5